ホーム > 注目 > 経営管理ビザの彼からもらったハワイのお土産

経営管理ビザの彼からもらったハワイのお土産

経営管理ビザで日本で会社を経営しているアメリカ人の彼は、普段から世界中を行き来しているようです。今回は、ハワイ土産をもらいました。定番ナッツチョコやら、ローカルなスナック菓子、アメリカンっぽいメモ帳にボディクリームなどなど、盛り沢山に色々もらいました。子供達と一緒に喜んで毎日珍しいお菓子を食べて、メモ帳にはイラストを描いて遊んでいましたが、ついにお菓子も最後の一つになりました。

最後ってもったいなくてなかなか手が出せないんですよね。子供達も珍しく「もうちょっととっておこうか」と言ってそのままにしてありました。

それから何日かたって、おやつに何も用意していなかったある日、ついにそろそろ食べてみようかと下の子と二人で開けて食べました。色とりどりの魚のクラッカーで可愛らしかったです。一つ一つ味も違うようで楽しく食べていたら、上の子が帰宅しました。上の子も興味津々でつまむと、「これ、チーズ味じゃん。食べられるの?」と聞かれました。私も下の子もチーズが大の苦手です。特に私はチーズならどんなものでも発見するチーズセンサーを持っていると子供達に豪語していました。「うそだよー、美味しいもん」などと言いながら、ふと箱を見ると、そこには英語で『チェダーチーズ』と書かれていました。おかしい…なぜ発見できなかったんでしょう?その後、急にお菓子がチーズ臭く思えて食べられなくなりました。そういえば、彼が経営管理ビザで経営している会社は、北海道のチーズを扱う貿易会社なのです。チーズはありえました。

歳をとって味覚もおかしくなったんでしょうか?食わず嫌いというわけでもないのに、なぜ気付かなかったのか不思議です。
それ以上に、私ってこんなに気分に左右される人間だったのかと再発見しました。経営者の彼にはとても言えませんが。以上、経営管理ビザでした。